超音波ボルト軸力計に関する「よくある質問」

超音波軸力計 よくある質問

超音波軸力計 よくある質問

みなさまから寄せられる質問とその回答を掲載しています。

製品の購入をご検討中のお客様

測定物に関するご質問

Q.使用しているボルトの長さにばらつきがあります。各ボルトで校正を行う必要がありますか。

測定するボルトの長さにバラつきがある場合でも、以下の3項目が同じであれば、ボルトの長さの違いによって都度校正を行うことはありません。

  1. 径(M)
  2. 材質
  3. 締付長さ(締結部の厚さ)

Q.高温のボルトは測定できますか?

ボルトの温度が60℃までであれば測定することは可能です。
軸力計本体で温度補正の行える温度範囲は以下の通りです。

温度補正範囲:-39.9~65.5℃

Q.ネジの軸力は測定できますか?

測定できません。
M5以上の径で、トランスデューサーが取り付けられる構造で両端面の処理等が行ってあり、長さが12mm以上(BOLT-MAXⅡ)ならば、超音波軸力計の仕様上、測定が可能です。

*MINI-MAXでは、測定可能なボルト長さは、25mm以上です。

Q.M4ボルトは測定できますか?

測定の実績はありません。
測定を検討されている場合は、当社まで両端面を加工した状態でご送付ください。無償で測定可否を確認します。

消耗品・トランスデューサーに関するご質問

Q.カプラントは一本どのくらいもちますか?

使用方法によっても異なりますが、1本あたり1ケ月から半年程度ご使用いただけます。

Q.接触媒質は、専用材でないとだめでしょうか?

水や油でも代替可能です。
自動車関連では、エンジンオイルを使用されているお客様もいます。

Q.測定に使用するカプラントはどのような成分が含まれていますか?

カプラントには、主成分として水、プロピレン・グリコール、グリセリンが含まれています。また、腐食抑制材や界面活性剤も使用されています。
より詳細な情報が必要となる方は、ご連絡ください。MSDS(Material Safety Data Sheet)をお送りさせていただきます。

Q.トランスデューサーの周波数が5MHzと10MHzとありますが、どう違いがありますか?

ボルトの材質や長さによって、最適な周波数が異なります。
一般的な使用では5MHzを、精度や分解能を求める場合は10MHzを使用します。また、M5やM6などの小径のボルトを測定する場合には、10MHzを使用した方が良い結果が得られる傾向があります。
トランスデューサーの選定でお困りの際には、当社までご相談ください。最適なトランスデューサーを提案いたします。

Q.温度センサーは何のために使うのでしょうか? なくても利用できますか?

温度変化による音速変化等を補正するために使用します。データ取得時に温度変化が無ければ使用しなくても構いません。

その他超音波厚さ計全般に関するご質問

Q.現在トルク管理を行っています。軸力で管理するには、何か特殊な技能や治具が必要ですか。

旧来の超音波軸力計では、超音波測定に関する予備知識がないと機器の取扱が難しかったですが、当社の超音波軸力計であれば、超音波に関する特別な知識や特殊な治具などがなくても、どなたにでも簡単に取扱うことができます。
ただし、ボルトの両端面の加工が必要となります。
納品後、機器取扱に関するトレーニングでお伺いしますので、操作に自信が無い場合でもご安心ください。

Q.引張試験機を保有しておりませんが、ボルトの校正は可能でしょうか?

引張試験機ではなくても、ボルトの校正は可能です。
代表的なものでは、以下のものが挙げられます。

  • 油圧シリンダー(油圧ポンプ)
  • 圧縮センターホール型ロードセル
    (※なお荷重指示器は、引張試験機と同様にそれぞれの機器で別途必要になります)

また、上記の校正環境が整わない場合には、精度は落ちますが、ボルトの径・弾性係数・締付長さなどのボルトの緒元情報を元に、計算によって校正をすることも可能です。
ボルトの校正方法についてご不明な場合、当社までご相談ください。

Q.計算による校正では、引張試験機を使用する校正よりも精度が落ちるのでしょうか?

計算による校正方法は、引張試験機を使用する校正と比較して、精度が落ちます。
引張試験機を使用した校正方法が最も正確に校正値を求める手段となりますので、可能であれば校正には引張試験機を使用してください。

Q.トルクと軸力は違うものですか?

トルクはボルトを締める時の回す力、軸力はボルトを締めることによる締付け力(ボルトの伸びようとする力)の事です。
同じトルクでボルトを締めても、座面やねじ面の摩擦係数が違うと軸力も違ってきます。
当社ホームページの技術資料に詳細な解説があります。3.締め付けトルクと軸力の関係を参照してください。

製品の購入をご検討中のお客様

製品をご使用中のお客様

操作方法・測定方法に関するご質問

Q.初期長時と、伸び測定時の温度変化があった場合どういう影響がありますか。

測定中の温度変化が大きい場合には、温度変化量に応じて測定値に誤差が生じます。温度差のある環境で測定を行う場合には温度センサーを使用してください。温度センサーを使用することで、温度変化による材料の(1)超音波の音速変化、(2)熱膨張、の影響を補正し、誤差の影響を相殺します。

ただし、測定時に指定している材質設定が、実際に測定しているボルトの材質と異なる場合には、温度補正機能を有効にしても、温度差による誤差を完全に無くすことができません。温度補正機能をより効果的に活用するためには、測定するボルトの材質と、材質設定を、同一のもので指定する必要があります。

なお、本体の材質一覧中に、使用するボルトの材質が登録されていない場合には、取扱説明書に記載されている「温度補正係数(Temperature Factor)の個別設定方法」を参照の上、適切な温度補正係数を本体に設定してください。

Q.締付け時に軸力計で測定し、データを取得しているボルトがあります。このボルトを、月日が経ってからのメンテナンス時に再測定できますか?若干、赤錆等の腐食が発生しています。

測定できません。
理由は、腐食した状態のボルトでは測定の信憑性がなくなるためです。
新品のボルトを使用し、新たに締付管理を行ってください。軸力の経年変化を管理するのであれば、管理期間中、両端面が腐食しないように防錆機能のある塗料を端面に塗布するなど、状態を保存する処理を施してください。

Q.取扱い説明書を紛失してしまいました。

ダコタ・ジャパンへご連絡ください。
簡易取扱説明書については、無償でPDFファイルをご送付します。
簡易取扱説明書および完全版取扱説明書を、冊子でご必要な場合は、有償となります。

校正、修理、その他トラブルに関するご質問

Q.軸力計に保存した測定値や設定を、パソコンに転送できません。

DakViewやMiniMaxViewのインストール時に、USBドライバのインストールが正しく完了できない場合があります。また、管理者としてプログラムを起動しなければ、正常に動作しない場合もあります。その場合は、専用ソフトウェア(DakView3、MiniMaxView)のインストール手順を実行してください。

Q.定期的に校正が必要ですか。

使用している機器の劣化・摩耗等により精度が変化することが考えられます。ダコタ・ジャパンでは年に一回の定期校正を行うことを推奨しています。

その他のご質問

Q.新製品の予定はありますか?

DAKOTA ULTRASONICS社では、お客様に革新的な素晴らしい製品を提供するために、新製品の開発に積極的に取り組んでいます。
ご報告できる段階になりましたら、ホームページにてお知らせいたします。ご期待ください。