超音波ボルト軸力計 MAXⅡJのご案内

超音波ボルト軸力計 MAXⅡJ

圧倒的なパフォーマンス
ボルト軸力計のフラグシップモデル

MAXⅡJは、第6世代の超音波ボルト軸力計として、DAKOTAが蓄積した技術をすべて搭載した最新の軸力計です。

6mm~25,400mm(25m)の驚くべき測定範囲、素晴らしい繰り返し精度、より洗練されたオートセット機能、アナログ出力機能など、優れた性能・機能を備えています。
さらに、調整可能なパルス電圧・パルス幅・ダンピングやエコー・エコー測定モードの搭載で、従来の装置では測定できないボルトやわずかな軸力の違いも正確に測定することができます。

AC電源およびバッテリー動作に加え、乾電池の動作にも対応し、あらゆる場所で使用することができます。

MAXⅡJは、最高の性能をもつ最先端の超音波ボルト軸力計です。

用途

重要締結箇所の確認

トルク法や角度法などの既存の締結手法に比べて、高い精度でボルトの締結力を測定することができます。

トルク値や角度の決定

軸力計に表示される実際の軸力を元に、トルクや角度を決定することができます。自動車等の組立業界では、ラインではトルクや角度で締結を管理していますが、このトルクや角度決定のマスター機として使用することができます。

歪ゲージの代わり

歪ゲージと比較して、より少ない時間・金額で、測定を行うことができます。このため、測定サンプル数を増やし、より信頼性の高いテストを行うことができます。また、歪ゲージでは測定困難な、細い径のボルトも測定することができます。

ボルト軸力の経年変化の確認

軸力の経年変化を管理することができます。

設計・試作での締付実験

設計・試作における最適軸力の確認・決定に使用することができます。

ダイカストマシン・射出成形機の型締め力の確認

タイバーの応力を測定し、実際の型締め力を簡単に確認することができます。

特徴

0.01 KN(軸力)/0.0001mm(伸び)/0.1ナノ秒(伝播時間)表示の超高分解能

0.01 KN(軸力)/0.0001mm(伸び)/0.1ナノ秒(伝播時間)表示の超高分解能

マニュアル設定不要、各種パラメーターに最適値を自動設定するオートセット機能
ボルトの温度変化による誤差を補正する温度補正機能

オートセット

感度、閾値、ディレイ、レンジ等のパラメーターを最適な値に自動設定します。
超音波検査が初めての方も簡単に使用することができます。

オートセット

温度補正機能

ボルトの温度変化による誤差を補正します。
付属の温度センサーを使用することで自動補正も可能です。
温度センサー

温度補正機能

超音波波形を表示するAスコープ(RF、半波整流)表示機能

超音波波形を表示するAスコープ(RF、半波整流)表示機能

1.8~19MHzの幅広い周波数帯域、様々なトランスデューサーが利用可能

様々なトランスデューサーが利用可能

18時間もの長時間の操作が可能な
低消費電力液晶ディスプレイ(Blanview)と大容量リチウムイオンバッテリー

Blanviewディスプレイ 18時間動作のリチウムイオンバッテリー(残量表示機能付き) バッテリーチャージャー(オプション)

バッテリーとAC電源に加え
乾電池での操作が可能なトリプルパワーサプライデザイン

18時間動作のリチウムイオンバッテリー (残量表示機能付き) ACアダプタ 単3電池でも動作(アルカリ電池6本:12時間動作)

4GBの内部メモリーと64GBまで対応可能なSDカードスロット
内部メモリーに保存したデータはUSBケーブルでPCから簡単にアクセス可能

最大64Gまで対応 USBケーブルでPCに接続 PCでの表示

標準付属のソフトウェアで測定レポートも簡単作成

8,000件の測定値保存、波形と測定条件も同時に保存 付属ソフトウェア(DakView)で測定レポートも簡単作成

その他

IP65(防塵・防滴)キャリングケース(収納ケース)2年保証
  • アナログ出力機能(0-10V)
  • アラーム出力機能
  • 表示画像をワンステップで保存するキャプチャ機能
  • 屋外でも見やすいBlanview液晶ディスプレイ
  • エコー・エコー(E-E)および、エコー・エコー・エコー(E-EV)測定機能
各種締結手法の特徴
測定手法 特徴 測定可能なボルトサイズ 精度
超音波ボルト軸力計
(測伸法)
ボルトの伸びから軸力を測定する方法。
最もバラツキが少なく正確な締結管理方法。
ボルト両端面の研磨が必要だが、ばね定数に影響を与えないため、
正確な軸力を測定することができる。
径:M5以上
全長:12㎜以上
ひずみゲージ
(ひずみ法)
ひずみから軸力を測定する方法。
ゲージ接着のため、ばね定数に影響を与える加工を行う必要があり、精度は若干落ちる。
連続的なデータ収集に適しており、主に実験で使用されている。
径:M6以上
全長:15mm以上
角度法
ボルトが着座してからの、ボルトをまわす角度で、締付を管理する手法。
塑性域での締結に適しており、自動車のエンジン部など、
高い締め付け精度を要求される箇所で、広く利用されている。
すべてのボルトで
測定可能
トルクレンチ
(トルク法)
現在最も広く使用されている締結管理手法。
簡易的に締付管理が行える半面、摩擦を一定にすることが難しく、
軸力のバラツキが大きい。
すべてのボルトで
測定可能

オプション

外部バッテリーチャージャー

外部バッテリーチャージャー

インスツルメンツケース

インスツルメンツケース

外部出力ケーブル

アラーム出力ケーブル USBケーブル

その他

トランスデューサー

トランスデューサー 六角穴付きボルト用

各種ボルト寸法・材質に応じた様々なトランスデューサーを取り揃えています。ご相談ください。

  • 六角穴付きボルト用
  • 高温ボルト測定用
  • タイバー測定用
  • カスタムメイド

マルチプレクサー(多チャンネル)

マルチプレクサー

2チャンネルから製作します。
複数ボルトの軸力を同時に測定できます。

ボルトの加工および校正

ボルトの機械加工

超音波ボルト軸力計 トランスデューサー&アクセサリー

超音波ボルト軸力計は、両端面を平滑に機械加工したボルトの使用が前提です。

ダコタ・ジャパンではボルトの機械加工も行っております。 ご相談ください。

ボルトの校正(受託計測)

超音波ボルト軸力計 トランスデューサー&アクセサリー

軸力変換係数(ロードファクター)の算出をロードセルを用いて行います。

お気軽にご相談ください。

仕様

正面

正面

背面

背面

上面

上面

底面

底面
測定範囲 5mm以上(径) 6mm~25,400mm(全長)
※ボルトの材質・形状、トランスデューサーの周波数・サイズにより異なります。
測定 軸力/伸び/時間/応力/ひずみ
表示分解能 0.01KN(軸力)、0.0001mm(伸び)
精度 ±0.0003"
波形表示 RF波形/半波整流
データ保存 内部メモリ:4GB、SDカード:最大64GB(波形、軸力、伸び、時間、応力、ひずみの各データを保持)
周波数 1.8MHz~19MHz
直線性 時間軸:±0.4%(FSW)
振幅:±1%(FSH)
アンプ精度:±1dB
パルス電圧 100, 150, 200, 400V
パルス幅 スパイク、ノーマル、ワイド、HV SPK、HV THIN、HV WIDE、TB 10MHz、TB 5MHz、TB 2MHz、TB 1MHz、TB .5MHz
ダンピング 50, 75, 100, 300, 600, 1500ohms
寸法 216(W)× 165(H)× 70(D)mm
重量 2.0kg
表示寸法 320×240ピクセル
外部出力 USB、LEMO 5ピン(アラーム出力、アナログ出力)
動作温度範囲 -10℃~60℃
IP等級 IP65
電源 AC100-240V
リチウムイオンバッテリー(18時間動作)
単3電池×6本(アルカリ電池使用時:12時間動作)
保証期間 2年(保証対象は本体のみ)
機能 オートセット機能、温度自動補正(温度センサー)
アラーム機能(上限、下限値設定)、アナログ出力
エコー・エコー測定モード(E-E)、エコー・エコー・エコー測定モード(E-EV)
付属品 キャリングケース、トランスデューサーケーブル(3m&L型0.3m)、カプラント(接触媒質)、ソフトウェア(PC接続ケーブル付き)
ACアダプター&専用バッテリー、取扱説明書、校正書類一式(校正証明書・検査成績書、トレーサビリティー)、保証書(2年)