超音波厚さ計によるFRP船の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

FRP船

FRP

モーターボートや、水上オートバイ、漁船等の小型船舶の船体にはFRP(ガラス繊維強化プラスチック)が広く使用されています。
これはFRPが、軽量、高強度で耐食性にも優れた特性を持つためです。

超音波厚さ計は、非破壊で厚みを測定することができるため、メンテナンス時の船体の厚さ測定に使用されています。

測定方法

FRPの測定方法

FRPは、ガラス等の繊維が超音波の伝達の妨げとなるため、超音波厚さ計での測定が難しい素材の一つです。このため、Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(MVXCMX DL+)と低周波のトランスデューサーで測定を行います。

陸上で整備中の船の船底の測定等、狭い場所での測定を行うためには、ハンディータイプでかつ高性能な厚さ計が必要です。MVXおよびCMX DL+は、整備現場でも高い評価を得ています。

FRPの内部に空気層がある場合は、超音波が空気層で反射してしまいFRP全体の厚さを測定することができませんのでご注意ください。

FRPの基本的な測定方法については、FRP(繊維強化プラスチック)をご確認ください。

対応機種

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
1.0 MHz 18mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
1.0 MHz 18mm コンポジット 二振動子 MVX、CMX TT-D1-12CPZT 62,000円
2.25 MHz 18mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D2-12 56,000円
2.25 MHz 12mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D2-14 54,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。