超音波厚さ計によるアルミ鋳物(アルミダイカスト)の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

アルミ鋳物(鋳造アルミ、アルミダイカスト)

アルミ鋳物

アルミ鋳物は、自動車のエンジンやホイールなどに代表される、軽量化が必要で複雑な形状の部品に使用されています。
アルミに銅やマグネシウム等を添加したアルミ合金としてさまざまな種類が有り、それぞれの特性により得意とする分野の部品で使われています。

超音波厚さ計は、アルミ鋳物の製造時とメンテナンス時の両方で厚さ管理のために使用されています。

測定方法

アルミ鋳物は、5MHzから10MHzのトランスデューサーを用いて測定を行います。
表面が鋳肌の状態のままの場合には、トランスデューサーからの超音波を効率良くアルミ鋳物内部に送り込む為に、接触媒質にはマシン油よりも粘性ある専用材のカプラントを用います。
また、径の大きい先端径18mmのトランスデューサーを用いることで安定した測定を行うことができます。

溶かしたアルミは冷却して凝固する際に体積が収縮するため、収縮による空隙(=巣)が発生しやすく、超音波の伝達の妨げとなることがあります。
Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計MVXまたはCMX DL+を使用することで、巣に反射し戻ってくる超音波を避けて、正しい厚さを測定することができます。

測定方法

対応機種

鋳鉄・鋳造アルミ専用 PR-82
超音波厚さ計 PR-82

PR-82は、MX-3をベースに開発した、鋳鉄・鋳造アルミ専用の超音波厚さ計です。
1点および2点校正機能を備えており、 精緻な厚さを測定することができます。


MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

周波数 主な測定材料 種別 部品番号 価格(税別)
5.0 MHz 鉄、ガラス、プラスチック 18mm   TT-D5-12 56,000円
5.0 MHz 鉄、ガラス、プラスチック 12mm   TT-D5-14 54,000円
5.0 MHz 鉄、ガラス、プラスチック 9mm 湾曲部用 TT-D5-316 54,000円
7.5 MHz 鉄、アルミニウム、ステンレス、チタン、ガラス、プラスチック 12mm 高精度・薄物用 TT-D7-14HR 58,000円
7.5 MHz 鉄、アルミニウム、ステンレス、チタン、ガラス、プラスチック 9mm 湾曲部用 TT-D7-316 54,000円
10 MHz 鉄、アルミニウム、ステンレス、チタン、ガラス、プラスチック 18mm   TT-D10-12 56,000円
10 MHz 鉄、アルミニウム、ステンレス、チタン、ガラス、プラスチック 12mm   TT-D10-14 54,000円
10 MHz 鉄、アルミニウム、ステンレス、チタン、ガラス、プラスチック 9mm 湾曲部用 TT-D10-316 54,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。