超音波厚さ計による塗膜のある材料の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

塗膜のある材料

測定面に塗装がされている場合、ペンキやエポキシ系の塗料では、音速が鉄に比べ約2.5倍遅いため、実際の塗装厚の約2.5倍が、厚みとして加算されてしまいます。このため、正確な母材の厚さを測定するためには、塗膜を剥す必要があり、手間のかかる作業でした。

エコー・エコーモードを搭載した超音波厚さ計では、塗膜を剥さなくても、母材の肉厚のみを測定することができます。


測定方法

エコー・エコーモードが搭載された超音波厚さ計で測定を行います。
エコー・エコーモードでは、1回目の底面エコー(B1)と2回目の底面エコー(B2)の伝播時間差から厚さを算出します。1回目の底面エコー(B1)と2回目の底面エコー(B2)の伝播時間差には、塗膜の厚さ分が含まれておらず、母材の厚さ分のみとなるため、塗膜を剥すことなく母材の肉厚を測定することができます。

トランスデューサーには、3.5、5、7.5MHzのハイダンプ仕様のトランスデューサーを使用します。(一般・腐食検査用厚さ計の場合)
厚みある材料を測定する場合は、3.5MHzのトランスデューサーを使用し、アルミニウムやステンレス、チタンを測定する場合は、7.5MHzのトランスデューサーを使用します。
ハイダンプのトランスデューサーは、塗膜上からの測定以外にも、腐食検査や厚さ測定等の通常の測定にも使用することができます。

感度や閾値を調整することができるAスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(MVXCMX DL PLUSPVX)を使用すれば、測定中の超音波状態を見ることができるため、測定値の確からしさを確認することができ、かつ材料の表面が腐食などで粗い場合でも、測定することができます。
(注)表面が極端に粗い場合は、MVX、PVXでも測定できない場合があります。


動画

塗装上からの母材厚さの測定:MMX-6
膜厚と母材厚さの同時測定:CMX
塗装上からの母材厚さの測定(Aスコープ):MVX

対応機種

MMX-6 / MMX-6DL
MMX-6 / MMX-6DL

MX-3の機能に加え、塗膜を剥がさずに、実際の肉厚のみを測定することができる、エコー・エコーモードを搭載しています。

CMX / CMX DL
CMX / CMX DL

最新の機能を多数搭載した超音波厚さ計です。塗膜上からの厚さ測定では、母材の厚さに加え、膜厚も同時に測定します。

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。

PX-7 / PX-7DL
超音波厚さ計 PX-7 / PX-7DL

精密検査用超音波厚さ計のエントリーモデルです。
薄物材料や、高い精度が求められる測定に最適です。

PVX
超音波厚さ計 PVX

多用途に使用できる高機能な精密検査用厚さ計です。
ペンシル型トランスデューサーを使用すれば、湾曲部やエッジ部等の測定も可能です。


対応トランスデューサー

トランスデューサーの選択(塗膜上からの測定)

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。