超音波厚さ計による腐食検査の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

腐食検査

配管や鉄板の腐食検査では、破壊することなく残存肉厚を測定することができる、超音波厚さ計が非常に多く使用されています。


測定方法

腐食検査では、一般・腐食検査用の装置を用いて、測定します。
一般的に5MHzのトランスデューサー(探触子)を使用し、パルス・エコーモードで測定を行います。厚みある材料を測定する場合には、より低い周波数のトランスデューサーを使用し、高い精度を求める場合には、より周波数の高いトランスデューサーを使用します。
また、トランスデューサーの径は、12mm以下を使用します。

腐食の進行が予想される箇所では、2点測定法で測定を行います。
2点測定法とは、同一の測定点で、トランスデューサー(探触子)の向きを90度変えて2回測定し、どちらかの薄い値を測定値として採用する方法です。測定エラーを回避し、正確な厚さを測定することができます。

2点測定法

(測定イメージ)


対応機種

MX-1 / MX-2
MX-1 / MX-2

最もベーシックな超音波厚さ計です。
低価格ながら、上位機種同様の高い測定精度を備えています。

MX-3 / MX-5 / MX-5DL
MX-3 / MX-5 / MX-5DL

1点および2点校正機能、スキャンモードなどを搭載した、本格的な超音波厚さ計です。

MMX-6 / MMX-6DL
MMX-6 / MMX-6DL

MX-3の機能に加え、塗膜を剥がさずに、実際の肉厚のみを測定することができる、エコー・エコーモードを搭載しています。

CMX / CMX DL
CMX / CMX DL

最新の機能を多数搭載した超音波厚さ計です。塗膜上からの厚さ測定では、母材の厚さに加え、膜厚も同時に測定します。

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

トランスデューサーの選択(腐食検査)

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。