超音波厚さ計による深穴加工の偏心検査の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

深穴加工の偏心検査

深穴加工品イメージ

金属棒材へのドリルを使用した深穴加工では、棒材の中心に穴をあけ、外周の肉厚が一定になるよう加工をします。しかし、ドリル先端の刃が消耗している等の理由で、真っ直ぐに穴あけが行えず、偏心が生じる場合があります。

通常、偏心の確認は、棒材を切断しなければ、外周の肉厚が一定になっているか分かりません。
しかし、超音波厚さ計を使用すれば、製品を破壊することなく簡単に、穴の偏心を確認することができます。

測定方法

深穴加工品測定イメージ

金属棒材の偏心は、棒材周方向に等間隔で3方向から厚さ測定を行うことで、偏心状況を確認することができます。より精密に偏心を確認する場合は、測定する点数を増やしてください。

周方向から測定した厚さが一定になっていれば、棒材の中心に正しく穴が空けられていると判断できます。一方、測定値が異なる場合は、偏心が生じています。

金属棒材の外径が20mm以上の場合には、MXシリーズPX-7を使用して測定します。
外径が20mm未満の場合には精密検査用の超音波厚さ計PVXとペンシル型のトランスデューサーを組み合わせて測定を行います。

平角棒の測定

棒材以外に、平角棒でも超音波厚さ計を使用した偏心の良否判定を行うことができます。

平角棒の偏心の確認は、加工穴の始端付近と終端付近の2点で厚さ測定を行います。この時、加工穴の始端と終端の測定値が一定になっていれば、偏心なく穴が空けられていると判断できます。測定値が異なる場合は、偏心が生じています。

測定方法イメージ

対応機種

MX-1 / MX-2
MX-1 / MX-2

最もベーシックな超音波厚さ計です。
低価格ながら、上位機種同様の高い測定精度を備えています。

MX-3 / MX-5 / MX-5DL
MX-3 / MX-5 / MX-5DL

1点および2点校正機能、スキャンモードなどを搭載した、本格的な超音波厚さ計です。

PX-7 / PX-7DL
超音波厚さ計 PX-7 / PX-7DL

精密検査用超音波厚さ計のエントリーモデルです。
薄物材料や、高い精度が求められる測定に最適です。

PVX
超音波厚さ計 PVX

多用途に使用できる高機能な精密検査用厚さ計です。
ペンシル型トランスデューサーを使用すれば、湾曲部やエッジ部等の測定も可能です。

対応トランスデューサー

トランスデューサーの選択

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。