超音波厚さ計による配管・パイプ(曲管部)の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

配管・パイプ(曲管部)

配管・パイプの厚さ測定

エルボ、U字管などの配管曲管部は、直管部に比べ減肉が発生しやく、厚さの管理が非常に重要です。

ここでは、供用中の配管曲管部に生じる減厚部の範囲および最小肉厚の測定について説明します。

測定方法

二振動子探触子

配管曲管部の測定では、腐食検査用厚さ計と5MHzのトランスデューサーを使用します。

はじめに、最小肉厚点の測定を行います。
曲管部背面中央のやや下流側で、トランスデューサー(探触子)を下絵のようにあて、多点測定を行います。最も薄い測定値を最小肉厚点(Min)として記録します。
次に、最小肉厚点を通るように軸方向と周方向に測定線を記します。

二振動子探触子

軸方向測定線上で最小肉厚点から遠ざかる方向にトランスデューサーを移動して厚さ測定を繰り返し、測定値が健全厚さに戻る点にマーキングします。これを管軸方向の両方向について行います。(TL1、TL2)

二振動子探触子

次に、周方向測定線に対しトランスデューサーを直角にし、周方向測定線上を最小肉厚点から遠ざかる方向に測定を繰り返し、健全厚さに戻る点にマーキングします。これを管周方向の両方向について行います。(TC1,TC2)

二振動子探触子

健全厚さに戻る点の位置を製図用デバイダなどで寸法測定し、最小肉厚測定値と併せて記録します。

二振動子探触子

*残存厚さが2mm以下の場合や、小径配管の測定は、PVXとペンシル型トランスデューサーを使用して測定を行ってください。

動画

配管曲管部の測定方法


対応機種

MX-1 / MX-2
MX-1 / MX-2

最もベーシックな超音波厚さ計です。
低価格ながら、上位機種同様の高い測定精度を備えています。

MX-3 / MX-5 / MX-5DL
MX-3 / MX-5 / MX-5DL

1点および2点校正機能、スキャンモードなどを搭載した、本格的な超音波厚さ計です。

MMX-6 / MMX-6DL
MMX-6 / MMX-6DL

MX-3の機能に加え、塗膜を剥がさずに、実際の肉厚のみを測定することができる、エコー・エコーモードを搭載しています。

CMX / CMX DL
CMX / CMX DL

最新の機能を多数搭載した超音波厚さ計です。塗膜上からの厚さ測定では、母材の厚さに加え、膜厚も同時に測定します。

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
5.0 MHz 12mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D5-14 54,000円
5.0 MHz 12mm ハイダンプ 二振動子 MMX、MVX、CMX TT-D5-14HD 59,000円
5.0 MHz 12mm コーティング(膜厚測定対応) 二振動子 CMX TT-D5-14CT 59,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。