超音波厚さ計によるゴムの測定方法

製品案内 超音波厚さ計

ゴム

ゴムは、その柔らかさのために、超音波を吸収してしまい、通常のトランスデューサーでは測定することができません。
このため、超音波の出力が非常に強い、コンポジットタイプのトランスデューサーを使用します


測定方法

コンポジットタイプのトランスデューサーは、出力が非常に強いため、ゴムのような超音波を吸収しやすい材質でも、測定を行うことができます。ただし、出力が強い反面、ノイズも多くなってしまいます。
Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(MVX)を使用すれば、ノイズを確認・回避することができるため、より信頼性の高い測定を行うことができます

動画

ゴムの測定:MVX

対応機種

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。

*ゴムの厚み・種類により、上記以外の厚さ計でも測定できる場合があります。お問い合わせください。


対応トランスデューサー

トランスデューサーの選択(ゴム)
*ゴムの厚み・種類により、上記以外のトランスデューサーでも測定できる場合があります。お問い合わせください。

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。