超音波厚さ計によるゴム製タイヤの測定方法

製品案内 超音波厚さ計

ゴム製タイヤ

ゴミ製タイヤイメージ

自動車などに使われるゴム製タイヤは、製造時に外観検査やバランスチェックなどが行われます。また、外観からは判断できない内部のスチールコードの位置などは、使用中における事故や故障の原因となることもある為、一般的にX線等を用いて検査を行っています。

超音波厚さ計による測定では、X線検査における取扱い上の注意や透視画像に対する知識が必要ありません。ある程度慣れればどなたでも現場で随時、タイヤのトレッド部の外表面から内部スチールコードまでのゴムの厚さ検査を、精密に行うことができます。

測定方法

ゴム製タイヤ測定イメージ

タイヤは、ゴム全般に特有の超音波の激しい減衰の他に、形状や内部構造が複雑であり、超音波信号の判断には注意する必要があります。
しかしながら、コツをつかむと画面に表示される波形を見ながら調整・検査・解析を行うことができるので、他の方法に比べて取扱いしやすく、迅速な検査が行えます。

ゴム製タイヤは、Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(MVXCMX DL+)を用い、1MHz、または1MHzのコンポジットタイプのトランスデューサーを使用します。

ゴム製タイヤの厚さ測定では、トレッド部表面からスチールコードまでの厚さを計測します。ただし、ゴム材料は元々、超音波の減衰が大きいという特徴があり、さらにトレッド部の表面はスリットが何本もあるため、一般的なゴム材料よりも超音波の減衰が大きくなります。このため、測定時には、十分な量のカプラントをゴムタイヤ表面に塗布してください。

またタイヤ自体の内部構造によって発生する反射エコーのパターンが複雑であるため、これらの測定にはAスコープ(波形)を読み取る知識が必要です。
Aスコープ(波形)の読み取り方については、ご購入後の操作説明で丁寧にご説明しますので、ご安心ください。

詳細な測定方法については、ゴムをご確認ください。

測定方法イメージ

対応機種

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
1.0 MHz 18mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
1.0 MHz 18mm コンポジット 二振動子 MVX、CMX TT-D1-12CPZT 62,000円
戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。