超音波厚さ計による街灯の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

街灯

街灯現在日本には、30万以上の街灯が設置されていると言われています。
近年、設置から年数が経過した街灯が増えるとともに、保守管理の重要性が認識されています。

超音波厚さ計は、管内部の腐食による減肉を簡単に測定することができるため、街灯の保守・管理に大きな役割を果たすことが期待されています。


測定方法

街灯(鋼管)の検査には、腐食検査用厚さ計と5MHzのトランスデューサーを使用します。
正確な厚さを測定するためには、表面の塗装をはがして測定する方法が最適ですが、コストを考えると難しいのが実情です。

塗装を剥がさずに測定を行う場合、実際の塗装厚さの約3倍の厚さが母材の厚さに加算され、測定値として表示されてしまいます。このため、膜厚計等を使用して塗装の厚さを把握し、母材の厚さを算出する必要があります。

エコー・エコーモードを搭載した厚さ計を使用することで、塗装を剥がさずに母材の厚さのみを測定することもできます。ただし、MMX-6のような数字しか表示されないエコー・エコーモードを搭載した厚さ計では、腐食が進行している場合に測定することができません。必ずAスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計MVXCMX DL+を使用し、波形を確認しながら測定を行う必要があります。

測定は、想定される腐食状況により、1回測定法、2回測定法、多点測定法、精密測定法などを組み合わせて行います。
1回測定法、2回測定法、多点測定法、精密測定法については、超音波厚さ計の測定方法(基礎)をご確認ください。

外径25mm以上の場合

対応機種

MX-1 / MX-2
MX-1 / MX-2

最もベーシックな超音波厚さ計です。
低価格ながら、上位機種同様の高い測定精度を備えています。

MX-3 / MX-5 / MX-5DL
MX-3 / MX-5 / MX-5DL

1点および2点校正機能、スキャンモードなどを搭載した、本格的な超音波厚さ計です。

MMX-6 / MMX-6DL
MMX-6 / MMX-6DL

MX-3の機能に加え、塗膜を剥がさずに、実際の肉厚のみを測定することができる、エコー・エコーモードを搭載しています。

CMX / CMX DL
CMX / CMX DL

最新の機能を多数搭載した超音波厚さ計です。塗膜上からの厚さ測定では、母材の厚さに加え、膜厚も同時に測定します。

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
5.0 MHz 12mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D5-14 54,000円
5.0 MHz 12mm ハイダンプ 二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D5-14HD 59,000円
5.0 MHz 12mm コーティング 二振動子 CMX TT-D5-14CT 59,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。