超音波厚さ計による海底パイプラインの測定方法

製品案内 超音波厚さ計

海底パイプライン

海底イメージ

海底パイプラインとは、天然ガスやプラントの冷却用の水等の液体を輸送するため、海底に敷設されるものです。

海底パイプラインの多くには電気防食が行われており、腐食の進行を可能な限り抑えていますが、日常的に点検できない環境ですので、定期的な腐食の点検は欠かせません。

ここでは、海底に敷設される海底パイプラインの超音波厚さ計を用いた腐食検査方法についてご紹介します。

測定方法

海底パイプラインの直径は、250mm~5m程度のものまで様々です。また敷設状況も様々で、海底の地中に埋まっているものもあります。
パイプの直径が、人が入れる広さの場合は、内側から測定することもあります。
ライニングの厚さ、ライニングを剥がして貼りなおすことの金銭的・時間的コスト面、地中に埋まっているかどうか、流れている媒質などを加味し、内側から測定するかどうかを判断します。

海底パイプラインの腐食検査には、水中測定用厚さ計のUMX、またはUMX-2を使用します。
測定は、パイプラインの周方向に90度毎に4点、45度毎に8点などとし、これを軸方向に一定間隔でに測定していきいます。

測定方法イメージ

想定される腐食状況により、1回測定法、2回測定法、多点測定法、精密測定法などを組み合わせて測定を行います。
1回測定法、2回測定法、多点測定法、精密測定法については、超音波厚さ計の測定方法(基礎)をご確認ください。

水中構造物は、腐食の進行や貝などの付着により、測定面の状態が非常に悪い場合があります。そのような場合は、ワイヤーブラシ等で表面をきれいにしてから測定してください。

*水中、特に海水での測定は、トランスデューサーの消耗を著しく早めます。必ずスペアのトランスデューサーを携行することをお勧めします。

対応機種

水中測定 UMX
超音波厚さ計 水中測定 UMX

UMXは、最大90mの水深で測定が可能な、MX-3専用の水中ハウジングです。船底、橋梁、桟橋等の水中での肉厚測定を可能にします。

水中測定 UMX-2
超音波厚さ計 水中測定・防爆対応 UMX-2

UMX-2は、最大300mの水深で測定が可能な、水中測定専用に設計・開発された最新の超音波厚さ計です。

*ケーブル長さが15mの水中測定用トランスデューサーは、一般腐・食検査用のすべての厚さ計で使用可能です。

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
3.5 MHz 18mm  水中測定用(UMX-2専用) 二振動子 UMX-2 TT-D3-12UWCT 84,000円
5.0 MHz 18mm  水中測定用(UMX専用) 二振動子 UMX TT-D5-12UW 78,000円
5.0 MHz 18mm  水中測定用(UMX-2専用) 二振動子 UMX-2 TT-D5-12UWCT 84,000円
5.0 MHz 18mm  水中測定用(ケーブル長15m) 二振動子 MX、MMX、MVX、CMX TT-D5-12WP15 90,000円
戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。