超音波厚さ計による塩化ビニル管(塩ビ管)の測定方法

製品案内 超音波厚さ計

塩化ビニル管(塩ビ管)

塩化ビニル

ポリ塩化ビニル管は、鉄等の金属とは異なり赤さび等が発生せず、また異物の発生や付着が少なく効率よく通水できるため、上下水道の給排水管、電線管等の用途で広く使用されています。

超音波厚さ計は、塩ビ管のメンテナンスおよび製造時の品質確認で使用されています。

測定方法

ポリ塩化ビニル

ポリ塩化ビニルは、超音波の伝達に優れた比較的測定が容易な材質で、MXシリーズでの測定が可能です。

塩ビ管の内部に水などの液体がある場合、超音波の大部分は塩ビ管と液体の境界を透過してしまい、一部の超音波しか境界面で反射しません。戻ってきた超音波は非常に弱く、厚さ計で受信することができず測定できない場合があります。
このため、より強い超音波を発する2.25MHzもしくは1MHzのトランスデューサーを使用する必要があります。

測定方法 ポリ塩化ビニル

一方、製造時の押出成形機から押し出された直後の測定では、塩ビ管の内側が高温のため超音波の伝播が極端に悪化します。
このため、MXシリーズでは測定を行うことができず、感度の調整が可能なAスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計MVXCMX DL+を使用する必要があります。
1mを超えるような大径の塩ビ管ではこれらAスコープ表示付きの厚さ計でも測定できない場合がありますので、事前にお問い合わせください。

*管の測定方法については、配管・パイプをご確認ください。

対応機種

MX-1 / MX-2
MX-1 / MX-2

最もベーシックな超音波厚さ計です。
低価格ながら、上位機種同様の高い測定精度を備えています。

MX-3 / MX-5 / MX-5DL
MX-3 / MX-5 / MX-5DL

1点および2点校正機能、スキャンモードなどを搭載した、本格的な超音波厚さ計です。

MMX-6 / MMX-6DL
MMX-6 / MMX-6DL

MX-3の機能に加え、塗膜を剥がさずに、実際の肉厚のみを測定することができる、エコー・エコーモードを搭載しています。

CMX / CMX DL
CMX / CMX DL

最新の機能を多数搭載した超音波厚さ計です。塗膜上からの厚さ測定では、母材の厚さに加え、膜厚も同時に測定します。

MVX
MVX

多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード等の機能を搭載しています。

CMX DL PLUS
CMX DL PLUS

CMX DLとMVXの機能を融合した、多用途に使用できる一般・腐食検査用厚さ計の最上位機種です。
A・Bスコープ表示、簡易探傷モード、膜圧測定機能等、様々な機能を搭載しています。


対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格
1.0 MHz 18mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
1.0 MHz 18mm コンポジット 二振動子 MVX、CMX TT-D1-12CPZT 62,000円
2.25 MHz 18mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D2-12 56,000円
2.25 MHz 12mm   二振動子 MX・MMXシリーズ、MVX、CMX TT-D2-14 54,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。