超音波探傷器の測定原理・測定方法のご説明

技術資料

超音波探傷器の測定原理・測定方法

製品案内 超音波探傷器

超音波探傷試験は、材料内部の欠陥検出に優れた非破壊検査の中心的な検査手法です。
鋳鋼品の内部欠陥、溶接部の検査、接着・剥離検査等幅広い用途で使用されています。
超音波厚さ計では測定できない50cm以上の厚さ測定や、FPR・ゴム等の高減衰材の測定にも使用することができます。

ここでは、超音波探傷の原理と用途について、説明します。

測定方法(用途)

  • 突合せ継手
  • T継手
  • 角継手
  • 円周継手
  • 長手継手
  • 鋳鉄品
  • アンカーボルトの長さ測定
  • 容器内の水位
  • 接着・剥離検査
  • 異材の接着・剥離検査
  • スポット溶接の検査