よくある質問

どのような原理で硬さを測定するのですか?

当社では、UCI(超音波接触インピーダンス)硬さ計、リバウンド(リーブ)硬さ計、そしてポータブルロックウェル硬さ計の計3種類の硬さ試験機を販売しています。

UCI(超音波接触インピーダンス)硬さ計は、プローブロッド先端のダイヤモンド圧子が測定部に押し付けられて作成された圧痕を電子的に評価し、硬さを算出します。従来のビッカース硬さ試験では圧痕の大きさを顕微鏡で評価しますが、UCI法では圧痕を電子的に評価するため高い再現性が保証されます。

リバウンド(リーブ)硬さ計は、リーブプローブの中のインパクトボディーが試験体に落下するときの速度と、反発し戻ってきた時の速度差から硬さを算出します。熟練が不要で誰でも簡単に測定できます。

ポータブルロックウェル硬さ計は、ロックウェル硬さ計をベースに開発された硬さ計です。圧子の押し込み深さをもとに硬さを算出します。最薄で0.08mmの金属板の硬さ測定が可能です。

圧痕をつけずに計測は可能ですか?

当社の硬さ計(硬度計)は、破壊法による硬さ測定のため、測定箇所には圧痕がつきます。ただし、圧痕のサイズはいずれの装置も小さく、特にUCI硬さ計とポータブルロックウェル硬さ計(METALTESTシリーズ)の圧痕は目視では気が付かないほど小さいです。

圧痕の画像

リバウンド硬さ計とUCI硬さ計、ポータブルロックウェル硬さ計はどのように使い分ければよいのですか?

リバウンド硬さ計は、表面状態が比較的粗く結晶組織が大きい重量のある部品の測定に適しています。UCI硬さ計は、小型部品、大径ギアの歯底などの狭面部、硬化層や溶接部の熱影響部(HAZ)の硬度測定に使用する事ができます。ポータブルロックウェル硬さ計は薄板や硬化層、硬質クロムメッキの硬さ測定に適しています。

硬さ試験手法 リバウンド硬さ計(Dタイプ) UCI硬さ計 簡易ロックウェル硬さ計
表面粗さ(Ra) 3.2Ra UCI(10N):1.5Ra
UCI(50N):2.5Ra
2.5Ra
重量(kg) 5kg以上 0.1kg以上 NA
厚さ(mm) 10mm以上 1mm以上 0.08mm以上

UCIプローブの10N、50N、98Nの違いを詳しく教えてください。

下の表をご覧ください。
UCIプローブ98Nでは表面が比較的粗くても測定が可能ですが、10kgf(98N)の力が必要となるため、安定的な測定が難しくお勧めしておりません。UCIプローブ98Nの代わりに、リーブプローブ(インパクトデバイス)DまたはGのご使用をお勧めしています。

荷重 推奨表面粗さ 用途
10N(1kgf) ≦ 1.5Ra イオン窒化された鍛造打型および金型、型枠、プレス、薄肉部品、ベアリング、大径ギアの歯底の狭面部、硬化層の硬さ測定など。
50N(5kgf) ≦ 2.5Ra 標準(汎用)プローブ。
高周波焼入れや浸漬焼入れされた部品の硬度測定。カムシャフト、タービン、溶接部の熱影響部(HAZ)、大径ギアの歯底などの狭面部など。
98N(10kgf) ≦ 4.0Ra 小型鍛造品、鋳造品や熱処理された部品の硬度測定。(比較的大きな圧痕が残ります。)

METALTESTシリーズを用いて、ロックウェル硬さ試験(JIS Z2245)に準拠した測定は可能ですか?

METALTESTシリーズは、ロックウェル硬さ試験の原理をもとに、現場での硬さ測定ができるように開発されたポータブル硬さ計です。硬さ試験の考え方はロックウェル硬さ試験をベースにしていますが、JIS Z2245「ロックウェル硬さ試験―試験方法」が規定する試験方法とは異なります。

鋳物の硬さを測りたいのですが可能ですか?

リバウンド硬さ計のリーブプローブG(インパクトデバイスGタイプ)が鋳物の測定に適しています。表面が比較的平滑な場合は、リーブプローブDまたはUCIプローブ98Nでも測定が可能です。

厚さ1mmの薄い金属板の硬さ計測は可能ですか?

ポータブルロックウェル硬さ計(METALTESTシリーズ)では、最小厚さ0.08mm(HRC70)から測定可能です。コイル(鋼帯)などの薄板の硬さ測定で多くの実績があります。

塗装の上から金属の硬さだけを測りたいのですが可能ですか?

残念ながら測定できません。正確な硬さを測定するためには、塗装を剥がして測定する必要があります。

ガラスや樹脂、ゴムの硬さは測定できますか?

当社で販売している硬さ計(硬度計)はすべて金属用です。ガラスや樹脂、ゴムの硬さ測定には対応していません。