よくある質問

今まで超音波探傷器を使用したことがありません。初心者でも簡単に使用することができますか?

超音波探傷試験は、非常に専門性の高い検査方法です。適切な知識および技能が必要です。
初心者の方は、(一社)日本非破壊検査協会が開催している講習会を受講されることをお勧めします。超音波探傷試験について体系的に学ぶことができます。

超音波探傷器を使用するためには資格が必要ですか?

自社検査であれば資格は必須ではありません。ただし、超音波探傷試験の結果は検査員の技量に大きく左右されます。検査員の技術レベルを保証するためにも有資格者が試験を実施することが望ましいです。
(一社)日本非破壊検査協会では、JIS Z2305「非破壊試験技術者の資格及び認証」に基づく技量認定試験・認証を実施しています。ご確認ください。

超音波探傷器に検査成績書は付属していますか?

JIS Z 2352「超音波探傷装置の性能測定方法」に準拠した検査成績書が付属しています。下記8点の検査を実施しています。

増幅直線性、時間軸直線性、垂直探傷の感度余裕値、垂直探傷の遠距離分解能、垂直探傷の近距離分解能
垂直探傷の追い込み範囲、斜角探傷のA1感度およびA2感度、斜角探傷の分解能

超音波探傷器はどのような用途で使用されていますか?

超音波探傷器は、材料内部の探傷検査、溶接部の割れやブローホールの検査、接着・剥離検査、厚さ測定などの用途で使用されています。装置がコンパクトで持ち運びが可能で、安全性にも優れているため、非破壊検査の中心的な手法として広く普及しています。

割れ・亀裂などの表面欠陥は検出可能ですか?

溶接部の割れ(亀裂)など、深さのある割れの検出は可能です。一方で深さの浅い割れや打痕の検出は難易度が高く困難です。
表面欠陥の探傷は、浸透探傷試験や磁粉探傷試験、渦流探傷試験を適用した方がより少ない工数で確実に検出できる可能性があります。詳細は弊社までお問合せください。

どの程度の大きさの内部欠陥の検出が可能ですか?

内部欠陥の形状、表面(探触子)からの内部欠陥までの距離、測定面の表面粗さ、材料など様々な要因に依存するため、何ミリ以上の大きさであれば検出可能と明確にすることはできません。ただ目安として1mm以下の内部欠陥の検出は難易度が高いです。

胎児のエコー検査の画像のように、探傷結果をわかりやすく画像表示することはできますか?

フェーズドアレイ超音波探傷器では、材料内部の探傷結果を断面画像として表示することができます。ただし、弊社では取り扱いしておりません。