技術資料(よくわかる講座)

コイルの硬さ測定

コイル(鋼帯)の硬さは、品質管理の上で重要な管理項目の一つです。
しかしながら、一般的なハンディタイプの硬さ計では、コイルのような薄板を測定する事ができないため、コイルの硬さ測定ではその一部をカットし、ビッカース硬さ試験機等で測定する必要がありました。

ポータブルロックウェル硬さ計『MetalTestシリーズ』は、ハンディタイプながらコイルの硬度測定が可能な革新的な硬さ計です。コイルをカットすることなく、現場でそのまま測定する事ができます。従来の測定に比べ、迅速・簡便に硬さを測定することができ、例えばコイルの入荷作業時にそのまま硬さを測定することも可能です。

ここでは、『MetalTestシリーズ』を用いたコイルの硬度測定について説明します。

コイル

測定方法

コイルの硬度測定

プローブを測定箇所に一定の強さで垂直に押しあてます。ディスプレイにカウントダウン表示が現れ、”0”になりブザーが鳴るまでそのままの力で押しあてます。ブザーとともに測定が完了し、ディスプレイには測定した硬さが表示されます。
プローブの押し当てから、硬さの表示までわずか数秒で測定は完了します。

少し場所を変え、同様に測定を行います。複数回測定した値の平均値を、硬さとして採用します。

『MetalTestシリーズ』は、ロックウェル硬さ試験の原理もとに開発された硬さ計ですが、ビッカース(HV)やブリネル(HB)にスケールを変換し表示することができます。

『MetalTestシリーズ』で測定可能な最小厚さは以下となります。

ロックウェルC(HRC) 20 30 40 50 60 70      
最小厚さ(mm) 0.38 0.32 0.26 0.20 0.14 0.08      
 
ビッカース(HV) 20 50 100 200 300 400 600 800 1000
最小厚さ(mm) 0.70 0.60 0.50 0.37 0.32 0.26 0.18 0.08 0.06
 
ブリネル(HB5) 40 60 80 100 150 200      
最小厚さ(mm) 0.53 0.42 0.32 0.27 0.15 0.10      
 
ブリネル(HB30) 80 100 150 200 300 400 500    
最小厚さ(mm) 0.63 0.53 0.42 0.32 0.22 0.16 0.1    

 

MetalTestシリーズ

対応機種

METALTEST

詳細

METALTEST

MetalTestは、プローブと表示部が一体型のコンパクトでコストパフォーマンスに優れた硬さ計です。
シンプルな操作にもかかわらず、±1%の素晴らしい精度で測定します。最薄で0.08mm(HRC70)の厚さから測定可能です。

価格(税別):お問い合わせください

MetalTest MKII

詳細

MetalTest MKII

MetalTest MKIIは、操作性に優れた硬さ計です。
±1%の素晴らしい精度で金属の硬さを測定します。
統計やグラフ、複数スケールの同時表示等の多彩な機能を搭載、測定値を本体に保存することも可能です。
最薄で0.08mm(HRC70)の厚さから測定可能です。

価格(税別):お問い合わせください