2019年2月1日

0.08mmの薄板から測定可能なポータブルロックウェル硬度計
『MetalTest MKⅡ』を2月13日に販売開始

超音波検査機器の販売を行うダコタ・ジャパン株式会社(本社:さいたま市、代表取締役:深澤 義知)は、新製品のポータブルロックウェル硬度計(硬さ計)『MetalTest MKⅡ』の販売を2月13日に開始します。

ポータブルロックウェル硬度計 MetalTest MKⅡ

ポータブルロックウェル硬度計 MetalTest MKⅡ
https://www.dakotajapan.com/hardness/metaltest-mk2.html

ポータブルロックウェル硬度計(硬さ計)『MetalTest MKⅡ』の概要

『MetalTest MKⅡ』は、イタリアのAFFRI社が開発した、最薄で0.08mm(HRC70)から測定可能な高性能な金属用の硬度計(硬さ計)です。±1.5%の精度で金属の硬度測定が可能です。
一般的なポータブルタイプの硬度計に比べ測定範囲が広く、柔らかい金属から硬い金属まで様々な硬さを正確に測定します。統計やグラフ、複数スケールの同時表示等の多彩な機能を搭載、測定値を本体に保存することも可能です。表示スケールは、ロックウェル(HRA、HRB、HRC、HR15N、HR30T)に加え、ブリネル(HB5、HB30)、ビッカース、ヌープに対応しています。

用途

  • 薄板、パイプ、配管、コイル等の硬さ測定
  • 硬化層、硬質クロムメッキの硬さ測定

特徴

  • 最小厚さ0.08mm(HRC70)の薄板から測定可
  • ±1.5%の精度で硬度測定が可能
  • リバウンド硬さ計やUCI硬度計等に対し、圧倒的に広い測定範囲を実現
  • あらゆる方向に測定が可能

仕様

測定方式 ロードセル動力測定法(Dynamometric Load Cell)
対応規格 DIN 50157、ASTM E110
硬さスケール ロックウェル(HRA、HRB、HRC、HR15N、HR30T)
ブリネル(HB5、HB30)、ビッカース、ヌープ
測定範囲 ロックウェル HRA:20~92、HRB:26~100、HRC:0~80、HR15N:69~93、HR30T:16~83
ブリネル HB5:5~205、HB30:66~884
ビッカース HV:13~1865
ヌープ HK:25~97
測定精度 ±1.5%
再現性 ±0.8HRC
分解能 0.1HRC
最小厚さ 0.08mm(HRC70)
試験荷重 初期(基準)荷重:9.807N (1kgf)、試験荷重:54.92 N(5.6kgf)
環境 10~35℃
電源 充電式電池(約10時間動作、1時間充電)
寸法 プローブ:⌀53 × 129 mm、本体(表示器):120 × 180 × 53 mm
重量 プローブ:約400g、本体(表示器):約600g
測定値保存 350件
外部接続 RS-232C
保証期間 1年(保証対象は本体のみ)
付属品 本体、プローブ、キャリパー、試験片(HRB)、試験片(HRC)、バッテリーチャージャー、ケース

お見積・お問い合わせ

https://www.dakotajapan.com/reference.html

会社概要

会社名 ダコタ・ジャパン株式会社
所在地 <本社>
〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合5丁目10番5号
<本製品を管轄している部門>
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目150番1号
代表取締役 深澤 義知
事業内容 非破壊検査機器の販売および校正
サイトURL https://www.dakotajapan.com