2018年5月30日

リバウンド(リーブ)式硬度計「T-D3」を5月30日に販売開始
測定箇所の画像保存や材質・スケール毎の校正値の保持が可能

非破壊検査機器を販売するダコタ・ジャパン株式会社(本社:さいたま市、代表取締役:深澤 義知)は、新製品のリバウンド(リーブ)式硬度計『T-D3』の販売を5月30日に開始します。

リバウンド(リーブ)式硬度計 T-D3

リバウンド(リーブ)式硬度計 T-D3
https://www.dakotajapan.com/hardness/T-D3.html

リバウンド(リーブ)式硬度計『T-D3』の概要

『T-D3』は、ウクライナのNOVOTEST Ltd.が開発した高機能な金属用の硬度計(硬さ計)です。表面状態が比較的粗く、結晶組織が大きい重量のある部品の硬度測定に適しています。
お求めやすい価格を実現する一方、カメラを搭載することで、測定データと測定箇所の画像を併せて保存することができます。
また、一般的なリバウンド(リーブ)式硬度計(硬さ計)と異なり、材質・スケール毎に校正値を保持することも可能です。

特徴

  • ハンディタイプのため、場所を選ばず測定可能
  • 見やすいカラー液晶ディスプレイ
  • インパクト方向設定(0°, 45°, 90°, 135°, 180°)で誤差を自動補正
  • 搭載カメラで測定箇所の画像を保存
  • PCソフトウェアが標準付属

用途

  • 表面状態が比較的粗く、結晶組織が大きい重量のある金属部品の硬度(硬さ)測定

仕様

測定方式 リバウンド(リーブ)
対応プローブ D、DC、DL、C、G
硬さスケール HRC、HV、HB、HRB、HS、MPa
測定範囲(鉄) HRC:20~70、HV:230~940、HB:90~650、引張り強さ:MPa 370~1,740
測定精度 HLD:±20
材質(プリセット) スチール、合金鋼、鋳鉄、ステンレス, アルミニウム、青銅、真鍮、銅
対応規格 ASTM A956
表示 最大・最小、平均、偏差、グラフ、ヒストグラム
ディスプレイ 320×240ピクセル カラーLCDディスプレイ
環境 温度:-20℃~40℃ 湿度:30%~80%R.H.
電源 DC 4.5V(充電式単3電池×3本、約10時間動作)
寸法 160×75×30mm
本体重量 約0.3kg(プローブ除く)
ストレージ(メモリー) 3.8GB
外部接続 USB
付属品 本体、リーブプローブ、キャリングケース、USBケーブル、チャージャー、取扱説明書、校正証明書、保証書

お見積・お問い合わせ

https://www.dakotajapan.com/reference.html

会社概要

会社名 ダコタ・ジャパン株式会社
所在地 <本社>
〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合5丁目10番5号
<本製品を管轄している部門>
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目150番1号
代表取締役 深澤 義知
事業内容 非破壊検査機器の販売および校正
サイトURL https://www.dakotajapan.com