技術資料(よくわかる講座)

深穴加工の偏心検査

金属棒材へのドリルを使用した深穴加工では、棒材の中心に穴をあけ、外周の肉厚が一定になるよう加工をします。しかし、ドリル先端の刃が消耗している等の理由で、真っ直ぐに穴あけが行えず、偏心が生じる場合があります。

通常、偏心の確認は、棒材を切断しノギス等で測定しなければ確認することができません。
しかし、超音波厚さ計を使用すれば、製品を破壊することなく、穴の偏心を簡単に確認することができます。

測定方法

金属棒材の偏心は、周方向に等間隔で3点(または4点)の厚さ測定を行うことで、偏心状況を確認することができます。より精密に偏心を確認する場合は、測定点を増やすことで、詳細な偏心状況を把握することができます。
周方向から測定した厚さが一定になっていれば、棒材の中心に正しく穴が空けられていると判断できます。一方、測定値が異なる場合は、偏心が生じています。

金属棒材の外径が20mm以上の場合は、ZXシリーズと7.5MHzの高精度・薄物用のトランスデューサー(プローブ・探触子)の組み合わせで測定を行います。
外径が20mm未満の場合には、分解能に優れた精密検査用の超音波厚さ計PVXと先端が細いペン型のトランスデューサー(プローブ・探触子)の組み合わせて測定を行います。

平角棒の測定

棒材以外に、平角棒でも超音波厚さ計を使用した偏心の確認を行うことができます。
平角棒の偏心の確認では、加工穴の始端付近と終端付近のそれぞれの表面から加工穴までの距離を、超音波厚さ計で測定します。この時、加工穴の始端と終端での測定値が同じであれば、偏心なく穴が空けられていると判断できます。始端付近と終端付近で加工穴までの距離が異なる場合は、偏心が生じています。

偏心なし

偏心あり

対応機種

ZX-1 / ZX-2

ベーシックな超音波厚さ計です。
エントリーモデルながら、高い測定精度と0.63mm~800mmという圧倒的な測定範囲を実現、エントリーモデルの概念を変える画期的な超音波厚さ計です。

ZX-1 / ZX-2

ZX-3 / ZX-5シリーズ

0.63mm~1,000mm(1m)の測定範囲に加え、5段階の感度調整、1点・2点校正、スキャンモード等の多彩な機能能を搭載した、ミドルレンジの超音波厚さ計です。
ZX-5DLには、10,000件のデータ保存が可能です。

ZX-3 / ZX-5シリーズ

PVX Ver.2

最高の精度を実現した精密検査用厚さ計のフラグシップモデルです。ペン型トランスデューサーを使用すれば湾曲部やエッジの測定も可能です。A/Bスコープ表示、独立3ゲート、GAIN SLOPE等、豊富な機能を搭載しています。

PVX Ver.2

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
7.5MHz 12mm 高精度・薄物用 二振動子 ZX TT-D7-14HR 54,000円
10MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116P 110,000円
10MHz 2mm ペン型/ショートタイプ 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116PR 110,000円
15MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD15-116PR 125,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。