磁気式厚さ計計

磁気式厚さ計は、永久磁石を内蔵したセンサーと金属製ターゲットボールの間に測定物を挟み、厚さを測定します。
磁性体以外であればどのような材質でも測定が可能で、特にペットボトル等のプラスチック容器やガラス瓶、アルミ缶の厚さ測定によく使用されています。超音波厚さ計と異なりカプラント(接触媒質)の塗布が不要で、連続的な測定にも対応します。

磁気式厚さ計

厚さ計の種類 磁気式厚さ計 超音波厚さ計
金属(磁性体)の厚さ測定 ×
金属(非磁性体)の厚さ測定
ガラス・プラスチックの厚さ測定
カプラント(接触媒質)の必要性 不要 必要
0.1mm以下の測定 ×
精度
連続測定
その他 プラスチック容器やガラス容器の測定では、磁気式厚さ計の方が、超音波厚さ計よりも手軽に測定することができる。一方で磁気式厚さ計は、ターゲットボール(鉄球・磁石球)を配置しなければいけないため、容器以外での用途が限られる。