技術資料(よくわかる講座)

ペットボトルの厚さ測定

ペットボトルは、ポリエチレンテレフタレート(PET)と呼ばれる熱可塑性樹脂を材料として作られています。試験管状のプリフォームに成形後、加熱し空気を入れて膨らませることで、ボトル状に成形します。ガラス瓶に比べ軽量で、丈夫で割れにくいため、主に飲料用容器として使用されています。

ペットボルトの肉厚は、耐衝撃性や耐圧力性を考慮し設計されています。製造時の厚さ測定では、ペットボトルをカットしてマイクロメーターで測定する方法の他に、切断することなく非破壊で厚みを測定することができる超音波厚さ計や磁気式厚さ計が採用されています。

測定方法 超音波厚さ計

ペットボトルは、Aスコープ(波形)表示付きの精密測定用超音波厚さ計PVXとペン型トランスデューサーの組み合わせで測定を行います。
測定できるペットボトルの厚さの目安は、0.15mm以上です。ただし、形状や部位によっては測定できない場合もあります。測定を検討中のお客様は、当社までご相談ください。無償でサンプルテストを実施します。

ペン型トランスデューサーを用いての基本的な測定方法については、湾曲・エッジ部の厚さ測定をご覧ください。

測定方法 磁気式厚さ計

磁気式厚さ計は、測定箇所にセンサーを接触させ、同時に反対側に鉄球や磁石球等のターゲットボールを配置することで、センサーとターゲットボールの距離を測定し、測定箇所の厚さを表示します。
測定箇所の反対面に鉄球等を配置する必要がありますが、カプラント(接触媒質)が不要なため連続的な測定に適しており、さらに曲面やコーナーの厚さ測定も比較的簡単に行うことができます。また、超音波厚さ計では測定困難な0.1mm未満の厚さ測定も可能です。

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。