技術資料(よくわかる講座)

ベルトコンベア(コンベアベルト)の厚さ測定

ベルトコンベアは、荷物を連続的に運搬することができる搬送装置です。幅広の環状ベルトをローラーに掛けて台車の上で回転させ、その上に荷を載せます。
コンベアベルトには、主にゴムが使用されており、帆布やスチールコード等を心材とし、その両面をゴムで挟み込んだ構造になっています。コンベアベルトの厚さは、ベルトそのものの強度にもよりますが、3mm程度から10mm程度まであり、搬送物に接触する上面側が厚くできています。

鉱山や製鉄所等で使用されているコンベアベルトは、摩耗による厚さ管理の必要性が高く、超音波厚さ計を使用し厚さ測定が行われています。

測定方法

トランスデューサー(プローブ・探触子)からゴムに透過した超音波は、ゴムと心材の境界で反射し戻ってきます。このため、ゴムの摩耗による減肉は、心材までの厚さを測定することで管理することができます。

ゴム材料は、超音波の減衰が大きいという特徴があり、さらにゴムと心材の境界の状況により、反射エコーが弱くなったり、反射エコーのパターンが複雑になる場合がります。このため、測定にはAスコープ(エコー・波形)を読み取りながら測定を行う必要があり、装置にはAスコープ表示付きの超音波厚さ計(MVXCMX DL+)を用います。

トランスデューサーには高減衰材の測定に適した、低周波の1MHzまたは2.25MHzを使用します。測定時には、十分な量のカプラントをコンベアベルト表面に塗布します。誤ってノイズ等を測定しないように、注意深くAスコープ(エコー)を確認しながら測定を行います。

*ゴム(ラバー)の基本的な測定については、ゴムを参照ください。

トランスデューサー(1MHz/2.25MHz)

Aスコープ(波形)

動画

ベルトコンベアの測定 CMX DL+ Ver.2
(心材:帆布)

ベルトコンベアの測定 CMX DL+ Ver.2
(心材:スチールコード)

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
1.0MHz 18mm   二振動子 MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
1.0MHz 18mm コンポジット 二振動子 MVX、CMX TT-D1-12CPZT 62,000円
2.25MHz 18mm   二振動子 MVX、CMX TT-D2-12 56,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。