技術資料(よくわかる講座)

銅管のろう付け(鑞付け)接合部の検査

ろう付け(鑞付け)とは、金属を接合する溶接の一種です。
接合する部材と部材の間に、より融点の低い合金(ろう)を溶かし、接着剤として用いる事で、母材自体を溶かさずに複数の部材を接合させることができます。母材を溶かさずに接合するため、熱伝導率の高い銅(銅合金)の溶接も可能な上、接合強度が強く、気密性(密閉度)が高いため、銅配管の継手に積極的に適用されています。

超音波厚さ計は、ろう付け(鑞付け)接合部の検査に使用することができます。特に、小径銅管のろう付けの接合部の確認に、超音波厚さ計が使用されています。

測定方法

小径銅管のろう付け接合部の検査は、PVXとペン型トランスデューサー(プローブ・探触子)の組み合わせで実施します。

ろう付けが不十分な場合、外側の銅管と内側の銅管の間に空気の層が生じ、空気の層で超音波が反射してしまいます。このため、超音波厚さ計には外側の銅管の厚さしか表示されません。
一方、適切に溶接が行われている場合は、内側の銅管まで超音波が透過するため、外側と内側の銅管の合計の厚さが表示されます。

このように、ろう付け接合部の良否判定は、銅管の厚さを測定することで行うことができます。ただし、超音波厚さ計ではトランスデューサー(プローブ・探触子)の接触箇所の厚さしか測定できないため、ろう付け接合部の良否確認のためには、周方向に複数点の厚さ測定を実施し判断する必要があります。

小径配管の測定方法については、高圧ガス配管等の小径配管・パイプの厚さ測定を参照ください。

ろう付け OK

適切にろう付けされている場合、銅管2枚分の厚さが厚さ計本体に表示されます。

ろう付け NG

ろう付けが不適切な場合は、空気の層で超音波が反射するため、表側の一枚分の厚さしか、厚さ計本体には表示されません。

銅管の外径が25mm以上かつ配管の厚さが1mm以上の場合は、ZXシリーズとTT-D5-316の組み合わせでも測定が可能です。

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
10MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116P 110,000円
10MHz 2mm ペン型/ショートタイプ 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116PR 110,000円
15MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD15-116P 125,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。