技術資料(よくわかる講座)

自動車バンパーの厚さ測定

自動車のバンパーは、自動車が衝突した際にその衝撃を緩和し車体や乗員をまもる役割や、歩行者への衝撃を緩和する働きがあり、自動車の前後に取り付けられています。

バンパーの素材には、鉄、PP(ポリプロピレン)、FRP、カーボンファイバーなどが使用されています。
近年は、車体の軽量化による燃費の向上や、成形する際の加工の自由性、一体成形によるコスト削減等の利点から、PP(ポリプロピレン)が主流となっています。
ここでは、PP(ポリプロピレン)の自動車バンパーの測定方法を紹介します。

測定方法

PP(ポリプロピレン)は、超音波の減衰が激しい材質のため、感度(ゲイン)やゲート(閾値)調整が可能な、Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(PVXMVXCMX DL+)を用いて測定します。

PVXの場合は、5MHzのトランスデューサー、もしくは10MHzのペン型トランスデューサーを使用します。MVXCMX DL+の場合は、2.25MHzや1MHzの低周波のトランスデューサーを使用します。
誤ってノイズ等を測定しないように、必ずAスコープ(エコー)を確認しながら測定を行ってください。

PVXとペン型トランスデューサーの組合せは、自動車のボディの厚さ測定にも使用することができます。

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
1.0MHz 18mm   二振動子 MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
2.25MHz 12mm   二振動子 MVX、CMX TT-D2-14 54,000円
2.25MHz 18mm   二振動子 MVX、CMX TT-D2-12 56,000円
5.0MHz 6mm 湾曲部用 一振動子 PVX TT-SC5-18 64,000円
5.0MHz 9mm   一振動子 PVX TT-SC5-14 62,000円
10MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116P 110,000円
10MHz 2mm ペン型/ショートタイプ 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116PR 110,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。