技術資料(よくわかる講座)

鋳鉄(鋳物)の厚さ測定

鋳鉄(鋳物)とは、高温で溶かした金属を型に流し込み、冷えて固まった後に型から取り出して作った金属製品のことで、自動車をはじめ様々な製品・部品に使用されています。
鋳鉄(鋳物)の肉厚検査は、超音波厚さ計の主要な用途の1つで、広く利用されています。

鋳鉄は超音波を拡散しやすいという特徴があるため、周波数の低いトランスデューサー(探触子)を使用し、また、測定面とトランスデューサー(プローブ・探触子)の間に空気の層が入らないように、粘度の高い接触媒質を十分に塗布します。

測定方法

鋳鉄(鋳物)の表面(鋳肌)は粗く超音波が拡散しやすいという特徴があります。
このため、トランスデューサー(プローブ・探触子)には、周波数の低い1MHzや2.25MHz、3.5MHzを使用します。また可能な限り、径の大きなものを使用します。これは、周波数が低くいほど、また径が大きいほど鋳物に透過する超音波の量が多くなり、安定した測定を行うことができるためです。
*アルミ鋳物の場合は、7.5MHz以上のトランスデューサーを使用します。

測定面とトランスデューサー(プローブ・探触子)の間には、空気の層が入らないように、粘度の高いカプラント(接触媒質)を十分に塗布します。塗布量が少ない場合や、粘度の低いカプラントを使用した場合は、下絵のように測定面とトランスデューサーの間に空気の層ができ、超音波が鋳鉄に透過しないため測定ができません。

Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(MVXCMX DL+)を使用すれば、超音波の波形を見ることができるため、より信頼性の高い測定を行うことができます。


(注)表面が極端に粗い場合は、測定できない場合もあります。

対応機種

対応トランスデューサー

3.5MHz以下の周波数の低いトランスデューサーを使用します。
径の大きいトランスデューサーを使用すれば、材料に透過する超音波の量が多くなるため、より安定した測定を行うことができます。

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
1.0MHz 18mm   ニ振動子 ZX-3/5/6、MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
2.25MHz 12mm   ニ振動子 ZX、MVX、CMX TT-D2-14 54,000円
2.25MHz 18mm   ニ振動子 ZX、MVX、CMX TT-D2-12 56,000円
3.5MHz 18mm ハイダンプ ニ振動子 ZX-6、MVX TT-D3-12HD 62,000円
3.5MHz 18mm コーティング(厚測定対応) ニ振動子 CMX TT-D3-12CT 62,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。