技術資料(よくわかる講座)

CVケーブル(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)のビニル皮膜の厚さ測定

CVケーブルとは、架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルの略で、架橋結合をしたポリエチレンを絶縁材料として用いた電力用ケーブルです。高い性能と信頼性を持ち、どのような種類や規模の建築物に対しても導入が可能なため、広く普及しています。

CVケーブルの最外層には、絶縁体への外傷、浸水等を防ぐために外部被覆(シース)としてビニル皮膜が施されています。ビニル皮膜の厚さが一定でないと耐久性が低下するため、皮膜の厚さは製造時の重要な管理項目です。
超音波厚さ計は、CVケーブル製造時のビニル皮膜の厚さ管理に使用されています。

測定方法

ビニル皮膜の素材には、PVC(ポリ塩化ビニル)やPE(ポリエチレン)、ナイロンが使用されています。これらの素材は超音波の減衰が激しいため、一般的な超音波厚さ計では測定することができません。
CVケーブルのビニル皮膜の測定には、Aスコープ(波形)表示付きの超音波厚さ計(MVXCMX DL+)と、透過力に優れた1MHzのトランスデューサーを使用して測定を行います。

ビニル皮膜が被覆処理された後に、ケーブルを周方向に90度毎に4点、一定間隔で測定することで、ビニル皮膜の厚さを管理することができます。

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
1.0MHz 18mm   二振動子 MVX、CMX TT-D1-12 56,000円
1.0MHz 18mm コンポジット 二振動子 MVX、CMX TT-D1-12CPZT 62,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。