技術資料(よくわかる講座)

膜厚

塗料は、汚れや劣化から素地を保護するため、また光沢や色彩でより美しくみせるために、橋や鉄塔などの構造物や、自動車、電気製品などで使用されています。

塗装の厚さ管理は非常に重要です。例えば塗料の塗布量が多すぎると、塗料が無駄になるだけでなく、塗装が厚くなり割れが発生する恐れが生じます。一方で薄すぎると、変色や光沢の劣化につながり、さらには、母材(素地)が露出し錆などが発生する可能性が出てきます。

ここでは、膜厚測定機能を搭載した超音波厚さ計CMXシリーズを用いての膜厚測定について説明します。

測定方法

通常、塗膜の厚さ測定には、膜厚測定専用機である膜厚計を使用します。
ただし、膜厚計は塗膜の厚さしか測定できないため、素地(母材)の厚さも把握したい場合は、超音波厚さ計も用意する必要がありました。このため、素地(母材)の厚さと塗膜の厚さの両方を測定したい場合には、超音波厚さ計と膜厚計をそれぞれ用意する必要がありました。
CMXシリーズ(CMX/CMX DLCMX DL+)には、膜厚測定機能が内蔵されています。超音波厚さ計として素地(母材)の厚さを測定するだけでなく、同時に膜厚も測定することができます。

CMXシリーズは、膜厚測定に関する測定モードとして、以下の2つの測定モードを用意しています。

  • パルス・エコー+膜厚測定モード(PECT)
  • 膜厚測定モード(CT)

パルス・エコー+膜厚測定モード(PECT)は、素地(母材)の厚さと膜厚を同時に測定するモードです。
素地(母材)の厚さが測定できない場合は、膜厚も表示されません。

膜厚測定モード(CT)は、膜厚のみを測定する測定モードです。
コンクリートや木材の塗膜厚さを測定する場合は、膜厚測定モードで測定を行います。

 

CMXシリーズの膜厚測定は、超音波を使用しています。このため、超音波式膜厚計と同様に以下の制約があります。

  • 発泡性の塗膜、異物を含む塗膜、超音波の減衰が大きい塗膜は測定できない。
  • 測定面が粗い場合は、超音波が透過しないため、測定できない。
  • 塗膜の音速を設定する必要がある。
  • 測定面とトランスデューサー(プローブ)の間にカプラントを塗布する必要がある。

*CMXシリーズの膜厚測定機能は、補助的な機能です。膜厚計に比べ精度・測定範囲が劣ります。正確な膜厚を測定する必要がある場合は、専用機である膜厚計をご使用ください。

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
3.5MHz 18mm コーティング 二振動子 CMX TT-D3-12CT 62,000円
5.0MHz 9mm コーティング 湾曲部用 二振動子 CMX TT-D5-316CT 59,000円
5.0MHz 12mm コーティング 二振動子 CMX TT-D5-14CT 59,000円
5.0MHz 18mm コーティング 二振動子 CMX TT-D5-12CT 62,000円
7.5MHz 9mm コーティング 湾曲部用 二振動子 CMX TT-D7-316CT 59,000円
7.5MHz 12mm コーティング 二振動子 CMX TT-D7-14CT 59,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。