技術資料(よくわかる講座)

水中での厚さ測定

船底、橋梁、桟橋、鋼管杭、水中パイプライン等の水中での厚さの測定には、通常の超音波厚さ計を使用することはできません。専用に設計された防水仕様の超音波厚さ計やトランスデューサー(プローブ・探触子)を使用する必要があります。
ここでは水中での厚さ測定について説明します。

測定方法

水中での厚さ測定には、2つの方法があります。

1つは、厚さ計本体は陸上に残したまま、水中測定に対応した長いケーブルのトランスデューサー(プローブ・探触子)を水中に持ち込み、厚さを測定する方法です。10m未満の比較的浅い水深での測定に適した測定方法です。
水中専用のトランスデューサーを使用する必要がありますが、厚さ計本体には汎用的な厚さ計を使用する事ができます。トランスデューサーケーブルをより長くすることで、10m以上の水深での測定も可能になりますが、感度の悪化や精度の低下を招く恐れがあります。

もう1つの方法は、厚さ計本体とトランスデューサーの両方を水中に持ち込み測定する方法です。
こちらの測定では、浅瀬から50m以上の深い場所まで、幅広い水深で厚さを測定することができます。厚さ計とトランスデューサーともに水中測定専用となります。

水中構造物は、腐食の進行や貝などの付着物により、測定面の状態が非常に悪い場合が多くあります。そのままの状態では測定できません。ワイヤーブラシ等で表面をきれいにしてから測定してください。

*水中、特に海水での測定は、トランスデューサーの消耗を著しく早めます。必ずスペアのトランスデューサーを携行することをお勧めします。


水中トランスデューサー
(ケーブル長さ15m)


UMX-2

使用後のお手入れ

トランスデューサー

水中用トランスデューサー(プローブ・探触子)は、淡水を貯めたバケツ等に浸して、確実に塩分や汚れを落としてください。
特に、ケーブルと本体の接続部は、入念に塩分・汚れを落としてください。

水中ハウジング

淡水で表面をきれいに洗ってください。Oリング(ゴムリング)に異物(砂、海草、髪、その他)が付着している場合は、取り除いてください。

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
3.5MHz 16mm 水中測定用(UMX-2専用) 二振動子 UMX-2 TT-D3-12UWCT 84,000円
5.0MHz 16mm 水中測定用(UMX-2専用) 二振動子 UMX-2 TT-D5-12UWCT 84,000円
5.0MHz 16mm 水中測定用(ケーブル長15m) 二振動子 ZX、MVX、CMX TT-D5-12WP15 90,000円

*ケーブル長さが15mの水中測定用トランスデューサーは、すべての一般・腐食検査用の超音波厚さ計で使用する事ができます。

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。