技術資料(よくわかる講座)

薄物(1mm以下)の厚さ測定

超音波厚さ計は、腐食検査用と精密検査用の2種類に分類することができます。
腐食検査用の超音波厚さ計は比較的安価で、さらに近年は性能の向上により、カタログ上は0.6mm程度まで測定可能な機種も登場しています。
しかしながら、実際の腐食検査用厚さ計を用いた1mm以下の薄物測定では、物理的な厚さの約2倍の値が表示されてしまうことがあり、信頼性の高い測定を行うことが難しいのが実情です。

1mm以下の厚さ測定では、信頼性の高い測定が可能な、精密検査用厚さ計のご使用をお勧めします。
ここでは、精密検査用厚さ計を用いた1mm以下の薄物材料の測定について説明します。

測定方法

1mm以下の薄物材料の測定には、精密検査用厚さ計と遅延材(ディレイラインチップ)付きのトランスデューサー(プローブ・探触子)を使用します。

遅延材(ディレイラインチップ)は、表面エコーと第一回底面エコー、第一回底面エコーと第二回底面エコーをより高い分解能で識別することを可能にします。これにより、1mm以下の信頼性の高い測定が可能となります。

精密検査用厚さ計のトランスデューサーは、腐食検査用厚さ計とは異なり一振動子のため、音響隔離面がありません。このため、測定時に音響隔離面の向きを気にする必要はありません。
一方で、遅延材(ディレイラインチップ)とトランスデューサーの接触面にもカプラント(接触媒質)を塗布する必要があります。ここに塗布されたカプラント(接触媒質)は徐々に乾燥していくため、少しずつ測定感度が低下していきます。このため、定期的にカプラントを塗布する必要があります。


遅延材とトランスデューサーの接触面に定期的にカプラントを塗布する


遅延材(ディレイラインチップ)

カプラント(接触媒質)の塗布方法

対応トランスデューサー

周波数 種別 探触子 対応機種 部品番号 価格(税別)
10MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116P 110,000円
10MHz 2mm ペン型/ショートタイプ 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD10-116PR 110,000円
15MHz 2mm ペン型 遅延材付き 一振動子 PVX TT-SD15-116P 125,000円
15MHz 7mm 遅延材付き 一振動子 PZX-7、PVX TT-SD15-14 85,000円
20MHz 7mm 遅延材付き 一振動子 PZX-7、PVX TT-SD20-14 88,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。