技術資料(よくわかる講座)

溶接部の簡易探傷検査

通常、溶接部の探傷検査は超音波探傷器を用いて行います。
超音波探傷器では、きずの位置や深さを正確に知ることことができる反面、測定器が高価で、操作も難しいというデメリットもあります。

超音波厚さ計CMX DL+またはPVXと斜角探触子を組み合わせることで、簡易的な探傷検査が可能です。社内での溶接部の簡略的なチェックに使用することができます。

測定方法


超音波厚さ計CMX DL+またはPVXと斜角探触子を用いることで、溶接部のきずの有無について、簡易的にチェックすることができます。
ただ、超音波探傷器と異なりビーム路程のみ表示可能で、きずの位置や深さ、大きさについての情報を得ることはできません。またエコー高さ区分線(DAC線)を作成することもできません。

CMX DL+またはPVXに斜角探触子(一振動子)を接続します。本体の表示はAスコープに設定します。次に、STB-A1試験片やSTB-A3試験片を用いて入射点を測定し、さらに2点校正を実施し零点と音速を設定します。

探傷は、直射または一回反射法で行います。まず、溶接部に傷があるNGサンプルを測定し、きずエコーが適切に表示されるように、感度や表示範囲(ディレイ・レンジ)を調整します。
検査は、通常の探傷と同様に前後・左右・首振り走査を実施します。きずがある場合、きずエコーがディスプレイに表示されます。

*正式な検査は、超音波探傷器を用い、該当する規格や指示書に従い実施してください。

きず有り

きず無し

対応トランスデューサー

周波数 主な測定材料 振動子径 種別 部品番号 価格(税別)
5.0MHz 溶接部の斜角探傷 40/60/70°くさび着脱式 Φ6mm 斜角探傷子 FT-D5-14 66,000円
5.0MHz 溶接部の斜角探傷 45° 10×10mm 斜角探触子 5C 10×10 A45 48,000円
5.0MHz 溶接部の斜角探傷 60° 10×10mm 斜角探触子 5C 10×10 A60 48,000円
5.0MHz 溶接部の斜角探傷 70° 10×10mm 斜角探触子 5C 10×10 A70 48,000円

戻る(超音波厚さ計の測定原理・測定方法)

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。