超音波探傷器

超音波探傷試験は、材料内部の欠陥検出の他、割れなどの表面欠陥にも適用可能な非破壊検査の中心的な検査手法です。プローブ(探触子)から試験体内部に超音波(エコー)を伝搬させ、きずに反射した超音波(エコー)から、きずの大きさや形状を評価します。
鋳鋼品の内部欠陥、溶接部の検査、接着・剥離検査等幅広い用途で使用されています。また、超音波厚さ計では測定できない1m以上の厚さ測定や、FPR・ゴム等の高減衰材の測定にも使用することができます。

超音波探傷器

DFX-7

超音波探傷器 DFX-7

DFX-7は、最先端のテクノロジーを凝縮したハンディータイプの超音波探傷器です。
わずか400gのコンパクトなボディーに、必要な機能をすべて搭載しました。高性能な厚さ計としても使用できる、厚さ測定モードも標準搭載しています。

価格(税別):620,000円

DFX-7+

超音波探傷器 DFX-7+

DFX-7+は、DFX-7のすべての機能を搭載、さらに狭帯域フィルター(2MHz、5MHz、10MHz)を追加した、ハイパフォーマンスデルです。より高精度な測定を実現する革新的な超音波探傷器です。

価格(税別):650,000円

DFX-8

超音波探傷器 DFX-8

DFX-8は、溶接部の探傷から鋳物やFRP等の高減衰材、厚物の測定まで、幅広い用途で使用可能な高性能超音波探傷器です。
厚さ測定モードも標準搭載し、あらゆる超音波検査を1台で実現します。

価格(税別):740,000円

DFX-8+

超音波探傷器 DFX-8+

DFX-8+は、超音波探傷器のフラグシップモデルです。
400Vのパルス電圧、水浸探傷に対応するインターフェースゲート、システムとの連携が可能な外部制御コマンド、アナログ出力など豊富な機能を搭載しています。

価格(税別):890,000円

技術資料

測定原理・測定方法

超音波探傷の測定原理

超音波探傷器の測定原理と測定方法(用途)について説明します。
超音波探傷について分かり易く説明しています。初めてご使用される方は、是非ご利用ください。

よくある質問

よくある質問

超音波探傷に関して、お客様からよくいただく質問にお答えします。ご不明点があれば、こちらのページをご覧ください。

規格

規格

JIS
日本産業規格

超音波探傷試験と超音波厚さ測定に関する日本産業規格(JIS)の一覧です。
関連する規格を探す際にご利用ください。

用語集

用語集

超音波探傷に関する様々な用語について説明します。分からない用語がある場合は、こちらをご確認ください。

関連書籍

関連書籍

非破壊検査に関する様々な書籍を紹介します。
高度な知識の蓄積や、ノウハウの入手にお役立てください。