超音波探傷器の測定方法 - 異材の接着・剥離検査

技術資料

異材の接着・剥離検査

容器内の水位測定

自動車をはじめとする様々な工業製品では、金属と樹脂が一体化された部品が使用されています。加工が容易で軽量、電気絶縁性の樹脂部品と、導電性で強度に優れた金属部品をそれぞれ必要な箇所に一体化して使用することで、部品点数を減らすだけでなく、両方の利点を持つ部品を製作することができるためです。

また、異材の接着は金属パイプやタンクの樹脂ライニング、金属ローラーのゴムコーティング等でも行われています。

ここでは、金属・セラミック・ガラス等の音響インピーダンスが相対的に高い素材と、樹脂・ゴム等の音響インピーダンスが相対的に低い素材との接着・剥離検査の方法について説明します。

測定方法

樹脂(ゴム)と金属(セラミック)の接着・剥離検査では、探触子との接触面が樹脂の場合には2~5MHz、ゴムの場合には0.5~2MHzの公称周波数の垂直探触子を使用します。ただし、樹脂やゴムの厚みや表面状態・形状等により、金属との境界面で反射したエコーが表示されない場合は、より低周波で振動子径の大きな探触子を使用する等、状況に応じ適切な探触子を選択ください。

まず、超音波探傷器の波形表示を「RF」に設定します。次に、探触子を樹脂(ゴム)側に密着させます。
金属側にしか探触子を接触させることができない場合には、今回の方法は適用できず、別の方法(エコー高さの減衰カーブから溶着・剥離を識別する方法)で判定します。

底面での計測

樹脂と金属が適切に接着している場合と、剥離している場合では、樹脂と金属の境界で反射するエコーの位相が180度反転します。
以下の接着が良好な場合と、剥離の場合のエコーを比較すると、位相が上下に判定していることが分かります。
このように、樹脂・ゴム等の音響インピーダンスが相対的に低い素材側から、金属・セラミック・ガラス等の音響インピーダンスが相対的に高い素材の接着・剥離の確認は、エコーの位相変化を読み取ることで識別することができます。

底面での計測

対応機種

超音波探傷器 DFX-7DFX-7は、最先端のテクノロジーを凝縮したハンディータイプの超音波探傷器です。
わずか397gのコンパクトなボディーに、必要な機能をすべて搭載しました。
標準で厚さ計ソフトウェアを搭載しています。

価格(税別):620,000円

超音波探傷器 DFX-7+DFX-7+は、DFX-7に狭帯域フィルター(2MHz、5MHz、10MHz)を追加した、DFX-7の上位モデルです。
より高精度な測定が可能です。

価格(税別):650,000円

超音波探傷器 DFX-8DFX-8は、溶接部の探傷から鋳物やFRP等の高減衰材、厚物の測定まで、幅広い用途で使用可能な高性能超音波探傷器です。
厚さ計ソフトウェアも標準搭載、あらゆる超音波検査を1台で実現します。

価格(税別):740,000円

超音波探傷器 DFX-8+DFX-8+は、超音波探傷器のフラグシップモデルです。
400Vのパルス電圧、水浸探傷に対応するインターフェースゲート、システムとの連携が可能な外部制御コマンド、アナログ出力など豊富な機能を搭載しています。

価格(税別):890,000円

超音波探傷器 ST10ST10は、ポータブル探傷器として世界最大の8インチディスプレイを搭載*した高性能超音波探傷器です。
IP66に対応した堅牢なアルミニウムハウジング、400Vの強力なパルス電圧、20~1,000nsで調整可能なパルス幅など、素晴らしい性能をもつ超音波探傷器です。

価格(税別):980,000円

※2016年3月現在 自社調べ

超音波探傷器の測定原理・測定方法に戻る

※本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。