超音波探傷器の測定方法 - アンカーボルトの長さ測定

技術資料

アンカーボルトの長さ測定

アンカーボルトの長さ測定

アンカーボルトとは、構造物や設備機器をコンクリートの基礎に固定するために、コンクリートに埋め込んで使用するボルトのことです。

基礎部分に埋め込まれたアンカーボルトは、構造体や設備機器の底部に貫通させナットで固定します。構造物や設備機器は風や地震等から力を受けますが、アンカーボルトはそれらの力により構造物や設備機器が基礎から分離・転倒することを防ぎます。
しかしながら、不正等によりアンカーボルトの埋め込み長さが不足していると必要な強度が得られず、風や地震等の力により基礎から分離・転倒する恐れが生じます。このため、アンカーボルトの長さを把握することは非常に重要です。

ここでは、超音波探傷器を用いたあと施工アンカーボルトの長さ測定方法について説明します。

※詳細は、「超音波パルス反射法によるアンカーボルト長さ測定要領(案)」(国土交通省 平成15年11月14日)を参照ください。

測定方法

アンカーボルトイメージ

超音波探傷器を用いて、アンカーボルトの長さを簡単に短時間で、そして正確に測定することができます。

探触子(プローブ、トランスデューサー)

アンカーボルトの長さ測定では、通常、周波数が5MHzで、振動子の公称寸法が10~20mmの垂直探触子を使用します。アンカーボルト測定面の断面積以下の大きさの探触子を使用します。

探触子 公称周波数 振動子の公称寸法
垂直探触子 5MHz 10mm~20mm
アンカーボルトの長さ測定
ゼロ点調整

STB-A1試験片、もしくは測定対象のアンカーボルトと同等の材質の対比試験片で、ゼロ点調整を実施します。
試験片に探触子を密着させ、底面(先端)エコーのエコー高さを80%に調整します。超音波探傷器に試験片の実測長が表示されるように、ゼロ点と音速を調整します。ビーム路程の測定は、ピーク位置で行います。また、測定範囲はアンカーボルトの2倍程度に設定します。

感度調整

実際の施工に用いた同種のアンカーボルトを使用し、感度の調整を行います。
探触子をボルト頭部に密着させ、底面(先端)エコーのエコー高さを80%に調整します。ゲートレベルを20~50%に、ゲート幅はアンカーボルトの長さ以上に設定します。探傷器に表示される長さが実測長の±1%を超える場合は、音速を調整し±1%以内にします。なお、ビーム路程の測定は、ピーク位置で行います。

アンカーボルトの長さ測定

探触子が密着できるようにアンカーボルトの頭部を平滑に処理します。また汚れなどが付着している場合はきれいに拭き取ります。頭部の凹みの処理や汚れの除去を行わないと、超音波がボルトに入射できないため、測定ができない場合があります。

ボルト頭部に探触子を接触させ、ボルト先端からの底面(先端)エコーの中で、最もビール路程が短いエコー高さを50~80%に調整し、ピーク位置でビーム路程を読み取ります。読み取った値を、アンカーボルトの測定値とします。
底面(先端)エコーが確認できない場合や、設計長との差が大きい場合は、頭部処理を入念に行い、再度測定を実施します。アンカーボルトの曲りが大きい場合には測定できない場合もあります。測定ができない場合は、「測定不能」とします。

必要事項を測定結果として記録します。
DFXシリーズおよびST-10では、ボタン1つで測定画面(Aスコープ、測定条件)を保存することができるため、現場での測定結果の記録を効率化することができます。

測定画面
アンカーボルトの長さ測定

対応機種

超音波探傷器 DFX-7DFX-7は、最先端のテクノロジーを凝縮したハンディータイプの超音波探傷器です。
わずか397gのコンパクトなボディーに、必要な機能をすべて搭載しました。
標準で厚さ計ソフトウェアを搭載しています。

価格(税別):620,000円

超音波探傷器 DFX-7+DFX-7+は、DFX-7に狭帯域フィルター(2MHz、5MHz、10MHz)を追加した、DFX-7の上位モデルです。
より高精度な測定が可能です。

価格(税別):650,000円

超音波探傷器 DFX-8DFX-8は、溶接部の探傷から鋳物やFRP等の高減衰材、厚物の測定まで、幅広い用途で使用可能な高性能超音波探傷器です。
厚さ計ソフトウェアも標準搭載、あらゆる超音波検査を1台で実現します。

価格(税別):740,000円

超音波探傷器 DFX-8+DFX-8+は、超音波探傷器のフラグシップモデルです。
400Vのパルス電圧、水浸探傷に対応するインターフェースゲート、システムとの連携が可能な外部制御コマンド、アナログ出力など豊富な機能を搭載しています。

価格(税別):890,000円

超音波探傷器 ST10ST10は、ポータブル探傷器として世界最大の8インチディスプレイを搭載*した高性能超音波探傷器です。
IP66に対応した堅牢なアルミニウムハウジング、400Vの強力なパルス電圧、20~1,000nsで調整可能なパルス幅など、素晴らしい性能をもつ超音波探傷器です。

価格(税別):980,000円

※2016年3月現在 自社調べ

超音波探傷器の測定原理・測定方法に戻る

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。