超音波探傷器の測定方法 - 鋳鉄品の探傷

技術資料

鋳鉄の探傷

鋳鉄品の探傷

鋳鉄は、ねずみ鋳鉄(FC)、CV黒鉛鋳鉄(FCV)、球状黒鉛鋳鉄(FCD)の3種類に大別され、自動車をはじめ様々な製品・部品に、それぞれの用途に応じて使用されています。

鋳鉄品の超音波探傷検査は、堰や押し湯付近、肉厚部等の最終凝固部の引け巣が発生しやすい箇所で、実施されています。
鋳鉄品は形状が複雑で、表面も鋳肌のため平滑でなく、さらに超音波の減衰も大きいため、一般的な鋼材の超音波探傷検査に比べると難しく、慎重に実施する必要があります。

測定方法

右の絵は、健全な鋳鉄品と、きずのある鋳鉄品の超音波探傷のイメージ図です。
健全な鋳鉄品では、送信パルスと底面エコーの間にエコーが表示されませんが、きず(引け巣)がある鋳鉄品の測定では、きずからのエコーが表示されます。
このきずエコーの表示有無により、きずの有無を判断します。

超音波探傷のイメージ図
対比試験片

検査に当たり、まず検出したいきずの位置および大きさを決めます。次に、その位置に人工きず(ドリルの平底穴や横穴)を施した対比試験片を作成します。
対比試験片は、試験条件を決めるために大切な試験片です。

探触子(プローブ、トランスデューサー)

一般的に2~5MHzの周波数の探触子を使用し検査を行います。
厚物の測定では、周波数が低く、径が大きい探触子を使用し、薄物や表面近くにあるきずの探傷ではニ振動子探触子を使用します。
また、探傷面が粗い場合は、保護膜付きの探触子や粘性のある接触媒質を使用します。

探傷

超音波探傷器で、ゼロ点および音速、測定範囲を調整します。次に、作成した対比試験片の人工きずからの最大エコー高さが、80%になるように感度を調整します。これが試験感度となります。

きずを見逃さないように、探傷感度に6dBまたは12bB足し、粗探傷を行います。きずを検出した場合、鋳鉄品の該当箇所に印をつけ、探傷感度を試験感度に戻し、再度その傷を探傷します。最大エコー高さが80%を超えた場合、きずの大きさは人工きずよりも大きいものと判断することができます。

超音波探傷

対応機種

超音波探傷器 DFX-7DFX-7は、最先端のテクノロジーを凝縮したハンディータイプの超音波探傷器です。
わずか397gのコンパクトなボディーに、必要な機能をすべて搭載しました。
標準で厚さ計ソフトウェアを搭載しています。

価格(税別):620,000円

超音波探傷器 DFX-7+DFX-7+は、DFX-7に狭帯域フィルター(2MHz、5MHz、10MHz)を追加した、DFX-7の上位モデルです。
より高精度な測定が可能です。

価格(税別):650,000円

超音波探傷器 DFX-8DFX-8は、溶接部の探傷から鋳物やFRP等の高減衰材、厚物の測定まで、幅広い用途で使用可能な高性能超音波探傷器です。
厚さ計ソフトウェアも標準搭載、あらゆる超音波検査を1台で実現します。

価格(税別):740,000円

超音波探傷器 DFX-8+DFX-8+は、超音波探傷器のフラグシップモデルです。
400Vのパルス電圧、水浸探傷に対応するインターフェースゲート、システムとの連携が可能な外部制御コマンド、アナログ出力など豊富な機能を搭載しています。

価格(税別):890,000円

超音波探傷器 ST10ST10は、ポータブル探傷器として世界最大の8インチディスプレイを搭載*した高性能超音波探傷器です。
IP66に対応した堅牢なアルミニウムハウジング、400Vの強力なパルス電圧、20~1,000nsで調整可能なパルス幅など、素晴らしい性能をもつ超音波探傷器です。

価格(税別):980,000円

※2016年3月現在 自社調べ

超音波探傷器の測定原理・測定方法に戻る

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。