超音波探傷器の測定原理 - スポット溶接の検査のご説明

技術資料

超音波スポット溶接検査装置の測定原理

原理

超音波スポット溶接検査

超音波スポット溶接検査は、スポット溶接の良否を非破壊で判定することができる優れた検査手法です。
自動車業界を中心に、鉄道、航空機など様々な分野で超音波でのスポット溶接検査が行われています。

超音波スポット溶接検査は、探触子(プローブ、トランスデューサー)という超音波センサーを、溶接部に密着させて行います。

溶接部に密着させた探触子からは、超音波が出力され、測定箇所を「やまびこ」のように繰り返し反射します。(下左図)
この繰返し反射する超音波は、右下絵のようにディスプレイに表示されます。

繰返し反射する超音波

繰返し反射する超音波のパターン(減衰率、波形)は、溶接状態(良好、未溶接、小ナゲットなど)により異なります。
超音波によるスポット溶接検査では、この特徴を利用し、スポット溶接部の合否判定を行います。

繰返し反射する超音波のパターン

超音波探傷器とスポット溶接検査専用装置(ヘラクレス)の違い

◆超音波波形の例

超音波波形の例

超音波探傷器の測定原理・測定方法に戻る

*本資料は、測定の一例を示すものであり、規格・法令等により定められた測定方法を説明するものではありません。