技術資料(よくわかる講座)

超音波探傷器の測定原理・測定方法

超音波探傷試験は、材料内部の欠陥検出に優れた非破壊検査の中心的な検査手法です。
鋳鋼品の内部欠陥、溶接部の検査、接着・剥離検査等、様々な用途で使用されています。
超音波厚さ計では難しい50cm以上の厚さ測定や、FPR・ゴム等の高減衰材の測定にも使用することができます。

ここでは、超音波探傷の原理と用途について、説明します。

超音波探傷器の測定原理・測定方法の画像

測定原理

測定原理の画像

超音波探傷器は、探触子(プローブ・トランスデューサー)と呼ばれるセンサーから発信した超音波が、内部のきずや反対面に反射し、再度探触子に戻ってくるまで時間(伝播時間)と戻ってきたエコーの強さを測定し、きずを評価します。
ここでは、超音波探傷の測定原理について詳しく説明します。

測定方法(用途)

超音波探傷は、最も幅広く使用されている非破壊検査手法の一つです。安全性が高く、また装置もコンパクトなため場所を選ばずに検査する事ができます。ここでは、代表的な測定方法・用途について詳しく説明します。

測定方法

※アイコン(イラスト)をクリックすると測定方法や対応機種をご確認いただけます。